ごちゃ+まぜ=null

【キャンプ初心者向け】焚き火台についてのお話

いや〜キャンプしたいですね。

 

っていうことで、今日はキャンプ初心者向けに焚き火台について書きたいと思います。

 

 

そもそも焚き火台とは?

焚き火台とはこんな奴のことです。

f:id:null10blg:20180805212439j:image

この上に薪や炭を置いて、火をつけます。

f:id:null10blg:20180805213731j:image

キャンプサイトによっては直火(地面に薪や炭を置いて火をつけること)がダメなところがあるので、そういうときには焚き火台を使いましょう。

 

焚き火台は何に使うの?

焚き火台の使用目的は大きくわけて2つあります!

・暖をとる

・料理をつくる

・雰囲気作り

 

1つ目の「暖をとる」ですが、山の夜は寒いので焚き火で暖まるために使います。標高によってはかなり寒くなりますからね、そんなときに使いましょう。

 

2つ目の「料理をつくる」ですが、これは単純。調理するための熱源として使うことですね。もちろんバーナーを使うこともありますが、上から水を入れたポットを吊るして、お湯をわかしたりもできます。

 

そして、3つ目の「雰囲気作り」。たぶん、これが最も重要なんじゃないかなと。キャンプ=焚き火なんて言う人もいるぐらい、焚き火とキャンプは切り離せません。

焚き火を囲んでコーヒーを飲んだり語り合ったりと、もしかしたらキャンプで一番楽しいときかもしれませんね。

 

 

 

ながながと語りましたが焚き火はキャンプのかなり重要なポジションだと思ってくれればいいです。

 

次回は初心者におすすめの焚き火台を紹介しようかなと思いますー